フラット35金利と年収は関係ある?

長期固定金利のフラット35の申し込み資格は比較的寛容です。
申し込み年齢が満70歳未満に人(親子リレー返済を利用する場合は満70歳以上でも可能)、日本国籍もしくは永住許可、特別永住許可がある人が利用可能です。
金銭的な制約は、すべての借入(自動車ローンや分割払い、クレジットカードでのリボ払い、キャッシングやカードローン)とフラット35の借入分を合算して年収400万円以下の人は、総借入率が30%以下、年収400万円以上の人は35%以下に収まっていることが条件となっています。
又、提携金融業者によっては、毎月の返済額の4倍以上の収入がある人と規定しているサイトもあります。
この条件に満たない収入の人でも、親や配偶者などと収入を合算して計算することが可能です。
フラット35金利一覧!2017年6月の金利最安銀行【おすすめは?】